Syncsort Optimize IDMS

CA IDMS データベースのパフォーマンスの向上と真の 24 時間の可用性の実現を求める開発者にとって、理想的なツール群を提供します

デモをリクエストする

CA IDMS のパフォーマンス

CA IDMS 用 Syncsort Optimize IDMS ソリューションは、他のどこでも手に入らない運用上の優位性を提供します。世界最大規模の CA IDMS 設置企業の多くが、重要な本番環境における確実な信頼性を実現するために Syncsort Optimize IDMS ツールを利用しています。

Syncsort Optimize IDMS では、本番データベースをオフラインで使用する必要なく、CA IDMS データベースを簡単に再編成・再構築することができます。CA IDMS データベースは、本番のダウンタイムなく、再編成・再構築しながら更新モードで利用することができます。つまり、データベースのメンテナンス作業を、通常の営業時間中に、厳しい時間制限なしで行うことができます。

さらに、複雑な複数の CV 環境の中では、CA IDMS バッファを同期・共有し、認知される「ブロークンチェーン」や「ダーティーリード」を防ぐことができます。

オーバーヘッドを発生させることなく複数のデータベースを作成

Syncsort Optimize IDMS は、データベース全体を複製するオーバーヘッドを発生させることなく、本番サイズのデータベースに対して ADS/O ダイアログ、IDMS-DC プログラム、およびバッチプログラムを開発、テストすることができます。Syncsort Optimize IDMS のイメージツールがあれば、CA IDMS データベースのコピーを一部だけ保持しながら複数のコピーを持っているかのように運用できます。

Syncsort Optimize IDMS はユニークなツールで、各ユーザーまたはユーザーグループがプライベートなフルサイズのテストデータベースを利用することができます。各コピーは DASD の消費を最低限に抑えるサンドボックスとして、他のユーザー・グループから使用できます。

Syncsort IDMS

革新的な管理ツール

Syncsort Optimize IDMS の同期、共有および XMVS ツールは、複数の CV、Local Mode ジョブ間で CA IDMS バッファプールを同期または共有する機能、あるいは CV と Local Mode ジョブの組み合わせ (別々の LPAR またはマシン上で実行されている場合もある) など、複数の CV にわたる CA IDMS データベースを管理する革新的な方法を多数提供しています。

Syncsort Optimize IDMS の Megabuf Sequential PreFetch では、効率的なマルチトラックまたはフルシリンダー EXCP を使用し、自動で前方と後方の両方にシーケンシャルな処理を検知することができます。このツールはプリフェッチされたデータにより IDMS バッファのフラッディングを生じさせないため、通常の非シーケンシャルなアプリケーションに悪影響が及びません。

利点

ユニークな機能
重要な本番環境における CA IDMS に大きな運用上の優位性を実現
効率的な再編成
更新が 24 時間 365 日続いても、CA IDMS データベースを再編成・再構築可能
ワークロード・バランシング
CV のワークロード・バランシングのために CA IDMS バッファを同期および共有
テストの向上
DASD オーバーヘッドなく複数の本番サイズのテスト環境を提供

さらに詳しく

Artboard 1 copy 56

Solution sheet

Syncsort Optimize IDMS

ダウンロード

デモのリクエスト:
Syncsort Optimize IDMS

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.